ウォーターサーバー

水は摂り過ぎても少なすぎてもいけないんです

人間の体の60%は水でできています。新生児だと更に多い、80%が水でできています。
水は細胞の中にある複雑な生体高分子などを結び付けるという重要な役割を持っており、生命活動には欠かすことのできない成分なのです。

 

また、体の活動を維持するために、人は絶えず水を摂取し、排泄して循環させる必要があります
人間の体内からの水分排泄量は、なにもせず横たわっている場合でも成人男子で1日になんと2300ミリリットル。
運動などが加わるとそれ以上の水分が排出されることになります。
排泄される水分とは尿などが主ですが、呼気に含まれる水蒸気や、皮膚表面から感知できない程度に分泌される水分もあります。
これは汗などとは違い、常に排出されています。
水分が排泄された分、新たな水分を補給しなくてはなりません。
水分が不足すると血液が濃くなり、その結果、深刻な病気を引き起こすことも。特に真夏の水分不足は熱中症の大きな原因となりますので注意が必要です。

 

1日に必要な水の量

成人で1日に約2.5リットル必要と言われています。これは食物に含まれている水分も合わせての水の量です。
純粋に「水」として取り入れる水分量は1.5リットルと言われています。
しかしこの量は男女差、年齢、体格、体質なので異なりますのであくまでも目安として頭の片隅にでも入れておいてください。

 

水の過剰な摂取は負担になります

水は体に良いからと言って必要以上に取り過ぎると体のむくみや、倦怠感、頭痛や嘔吐、下痢などの症状を引き起こすことがあります。
最も怖いのは水を大量に飲むことによって体内にあるナトリウムが薄まり、水を吸収する性質を持つ細胞が水分を吸収しすぎて膨らみ体内の細胞バランスを崩してしまう水中毒という病気にかかる場合もあるんです。

 

また、無理して全てを水で摂る必要はありません。あくまでも水分として体に摂り入れることが大切なのですから、好きな飲物や水分の多い食事などを意識して摂りいれていきましょう。
運動したあとなどは汗などで失われたナトリウムやカルシウムを補うことが出来る、スポーツ飲料などはとても効果的な水分補給と言えるでしょう。ただ、スポーツ飲料は糖分も多いのでできればミネラルが豊富な天然水のほうが体には良いですよ。

→ウォーターサーバーのススメ